コンテンツ

水道修理をDIYでするデメリット

水回りの修理をDIYでしてしまえば安くなると思うかもしれませんが、必ずしも修理が安くつくわけではありません。DIYによるメリットがあるのはもちろんですが、その一方でデメリットが生じることにも注意しなくてはなりません。DIYのデメリットを知らずに後になって後悔をしないためにも、このページで紹介しているデメリットを確認しておくようにしましょう。

■修理で怪我を負うリスクについて

水道の工事をDIYでするときは、当然、作業をするときの怪我のリスクを負うことになります。腐食が進んでいるナットなどを緩めるときは、想像している以上に力をかけないと緩まないものです。この力を入れているときに、工具がナットから外れてしまい、手を負傷してしまうことが考えられます。
また、専門性の高い工具を使用する場合は、工具の取り扱いに十分に慣れていることも必要です。経験としっかりとした訓練を受けているプロなら安全に作業ができますが、知識や経験がなければ安全に作業ができるわけではありません。
わずかの工事費用を節約したいがために、怪我の治療費にお金がかかるのは得策ではありません。よほど自信がある場合を除いて、プロに任せてしまうことも検討しましょう。

■部材をそろえる手間暇も検討しよう!

次に、水道の処理をするための部材をそろえる手間について考えます。水道の水漏れ修理でパッキンやコマなどをそろえるときは、インターネット通販で購入するか、近所のホームセンターに探しに行くことになります。
この際、パッキンやコマなどの規格について十分な理解があれば大丈夫ですが、そうでない場合は、同じ規格の部材を用意するのに時間を費やしてしまいます。さらに、インターネット通販で部材を用意する場合は、注文の翌日以降に品物が宅配されるのが一般的です。部材を注文するのに時間がかかり、宅配の送料も必要になります。DIYで水道の工事を行う場合は、そのような面についても考えなければなりません。

■まとめ
水回りの修理をするメリットがあるのはもちろんですが、デメリットも当然にあります。修理をプロに任せるべきということではありませんが、結果として、どちらが確実で安全に修理できるのかという点についても考えてみてください。とくに、修理中の怪我や事故については、十分に気をつける必要があります。わずかな水漏れといった簡単な修理なら、水道工事会社に依頼しても高額になるわけではありませんので、少しでも不安が残る場合はプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ