コンテンツ

水道 修理の代金の目安について

水道 修理をできる限り避けるためには、人為的なミスによるトラブルを回避することが重要です。住宅設備の老朽化によるメンテナンスはやむを得ないですが、本人のうっかりで設備を壊してしまうと後悔してしまいます。
このページでは、給湯器とトイレでの人為的なミスによるトラブルを避けるためのポイントについて紹介しています。長期的な視点で水道の修理を安くできますので、参考にしてください。

■給湯器で大きなトラブルを避けるポイント

給湯器で大きなトラブルを避けるポイントは、配管内部の水を凍結させないことと異変に早く気づくことです。
まず、水が凍結するような寒い日は、水抜きをしておくと安心です。給湯器の配管内部には水が循環していますが、循環している水が凍結してしまうと、水の膨張により配管が損傷してしまい水漏れの症状となって現れます。
また、給湯器でお湯が出なくなったりお湯の温度が安定しないなどの異変に気づいたときは、すぐに水道工事業者に点検してもらうようにしてください。異変がある状態で使い続けてしまうと、不完全燃焼による一酸化炭素中毒になったり、電気のショートによる給湯器の破損という事態を招いてしまうことがあります。

■トイレで水のトラブルを避けるポイント

トイレで水のトラブルを避けるためのポイントは、排泄物とトイレットペーパー以外の異物を流さないこと、ペットボトルなどをトイレタンクに入れないことです。
まず、トイレに異物を流してしまうと、排水管の途中で詰まってしまったりすることがあります。排水管を詰まらせてしまうと、プロの水道工事業者による洗浄などの修理が必要になるので、トイレに異物は絶対に流さないようにしましょう。
また、トイレタンク内に節水のためのペットボトルなどを入れると、トイレの故障や水が止まらなくなるなどのトラブルが起きます。水道の修理費用が余計にかかってしまいますので、節約したいときは、節水型のトイレの導入を考えると良いです。

■まとめ
水道の修理費用を節約するためには、人為的なミスによる水のトラブルを減らすことが重要です。たとえば、給湯器を使っている場合は、冬場に内部の水を凍結させないように気をつけたり、異常に早く気づくことで大きなトラブルを避けられます。
トイレでは、便器の中に異物を流さないようにすることと、トイレタンクの中に節水のためのペットボトルなどを入れないようにすることです。どちらも故障の原因になってしまい、水道の修理に費用がかかってしまいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ